こだわりの調味料

こだわりの調味料




ストーリー

安心の食卓は、こだわりの調味料から


平戸には、だしや塩、油など、昔ながらの製法を大切に調味料を作っているつくり手がいます。今回は、そんなこだわりの安心して使える平戸産の調味料をセットにしました。

“家庭の味と健康を守るのは調味料から”

毎日使うものだからこそ、少しずつ上質で安心な商品に替えていくことが、健康への近道。何より、そんなシンプルな調味料は、食材のおいしさを引き立ててくれるので、簡単に料理上手になれます。

美しい海と山に囲まれた平戸で丁寧に作られた調味料。ご家庭用はもちろん、ギフトにもおすすめです。


安心して使えるおいしいだしパック、あご旨だし

今回は、このセットの中から長田食品さんの「あご旨だし」についてお話を聞きに伺いました。
昔ながらの製法を守り、厳選素材だけで作られただしパック「あご旨だし」。
香ばしく炭火焼したあごに、かつお節や昆布、いりこ、椎茸を合わせることで旨味の相乗効果が発揮され、味わい深い豊かなおいしさの出汁が楽しめる商品です。

取引する際には食材の仕入れ先を視察し、自分の目と舌でおいしさと安全性を確かめる徹底ぶり。無添加へのこだわりが感じられます。

「平成の初め、だしパックを販売したばかりの頃は、まだまだ日本の食の安全への意識は低く、無添加へのこだわりを理解されない時代でした。納品先のスーパーで、原材料表示をじっとみて迷っておられる子育て中のママと出会い「赤ちゃんがおっぱい以外ではじめて口にする食品だから、安全なものをと探しているが、添加物や食塩が入っているだしパックが多い」と聞き、うちの商品をもし良ければとおすすめしたら、とても喜ばれたんです。

その時の出会いが、無添加へのこだわりに自信を持たせてくれたと話す長田さん。
以来、すべての商品で安心の材料と製法にこだわり、赤ちゃんからお年寄りまで安全に食べてもらえる商品づくりを心がけておられます。
その思いが伝わって、今では全国のスーパーや百貨店のギフト等で、広く愛される商品となっています。



だしがらもぜひ楽しんで

「安心の材料だからこそ、出汁をとった後も無駄なく食べてほしい」と長田さん。
だしを取った後のパックを手で割いて醤油や砂糖、みりんを加え、フライパンかレンジ調理で簡単に、絶品ふりかけが作れます。不足しがちなカルシウムや鉄分などのミネラル分がたっぷり。子どもたちにもとても喜ばれます。



【コラム】あごだしと平戸のあご文化

美しく恵み豊かな海、肥沃(ひよく)な大地、澄んだ空気。平戸はその豊かな環境を生かし、古くから食材の宝庫として知られていました。

その中でも代表的な特産品が「あご(飛魚)」。秋になると、季節風とともにやってくるあごは、平戸の秋の風物詩です。とれたてのあごはまずは刺身で。鮮度の落ちやすいあごを刺身で楽しめるのは、平戸市民ならではの特権です。
その他、すり身にしてかまぼこを作ったり、炭火でじっくりと焼きあげ乾燥させて「焼きあご」にして、出汁にしたり。古くから、あごは平戸の暮らしに欠かせないものでした。

近年、あごを使った「あごだし」が大ブレイク。
深い旨みと香ばしさで、九州のみならず全国から知られる食材となりました。


2商品