南蛮貿易

南蛮貿易
平戸は古くから海を介して世界とつながってきたまち。 桃山〜江戸時代には、中国やヨーロッパの窓口となった南蛮貿易の拠点としてにぎわいました。「西の都」と呼ばれ、全国各地から商人や遊学者たちが集まり、当時世界の最先端の文化やキリスト教が伝来し、日本各地へと広まっていきました。
6商品